« 帰ってきました。 | トップページ | ラジ天名古屋で⑫ »

2007年9月17日 (月)

2007IFMAR EPオフロード世界選手権4WDクラス決勝

とゆー訳で、土日と電オフ世界戦観戦に行ってきました。
2WD同様、とりあえず手早く決勝動画をUPしてみたいと思います。

決勝日、予報では雨っぽかったんですが、朝からこんな天気でした。
Resize9105
過去、一里野バギー全日本観戦は必ず雨で決勝中止だったんですが、どうやら自分が雨男ではなかったみたいです(笑)

予選は土曜に4回、日曜に1回行われて5回中ベスト3回の合計ポイントで順位が決まります。
予選結果はこんな感じ。←公式なんですが、実際は3位が広坂選手、4位にキャバラーリ選手でした。

初日にトップタイム3回でTQ確定、絶好調のJ・ティーボ選手。
Resize10463

ティーボ&Wライアンのアソシ3強。
Resize10472

予選3位の広坂選手と5位の原選手。
Resize9484
地元日本でなんとか勝ってもらいたいとこです。


Resize9486
日本人では2WDワールドチャンピオンの松崎選手、中学生の松倉選手と若手2人もファイナル入り。

決勝Aメイン1回目。
Resize9159

Resize9462
TQティーボ選手がWライアン&日本勢から逃げれるのか?
まぁそんな感じでAメイン1回目です。
4WD決勝Aメインラウンド1動画(34.0MB)

1周目に正美さんがまさかの転倒!これで上位のアメリカ勢が逃げ切り
J・ティーボ選手は安定感のある走りでワールドチャンピオンに王手を掛けました。


決勝Aメイン2回目。
Resize9172
王手を掛けたティーボ選手が決めてしまうのか?Wライアン&日本人の逆襲はあるのか?
Aメイン2回目です。
4WD決勝Aメインラウンド2動画(33.9MB)

今度は2周目で2番手のR・メイフィールド選手が転倒。ティーボ選手を広坂選手が追う展開になりましたが、中盤に広坂選手が転倒して後退、R・キャバラーリ選手との2番手争いに。
これで独走状態になったJ・ティーボ選手がそのままゴール!見事4WDクラスのワールドチャンピオンに輝きました。
Resize9640
チャンピオン決定直後のティーボ選手。このあと祝電が掛かってきて号泣。
おめでとうございました。

決勝Aメイン3回目。
Resize9676
ワールドチャンピオンを決めたティーボ選手は出走せず。
表彰台を掛けた最後の争い、Aメイン3回目です。
4WD決勝Aメインラウンド3動画(33.9MB)

序盤はWライアンを広坂、原選手が追う展開に。コース中央のジャンプで原選手が広坂選手を大ジャンプで上から抜き去る大技!を出して観客を沸かせますが、直後に絡んで後退。広坂選手も後ろにR・キャバラーリ選手が迫ってきた所で転倒。R・メイフィールド選手が逃げ切り、R・キャバラーリ選手、松崎選手の順でゴール

最終結果はこの様になりました。
Resize9410
優勝J・ティーボ選手、2位R・メイフィールド選手、3位R・キャバラーリ選手。

と、ざっとAメイン決勝中心にレポートしてみましたが、Sudaコラムにしては更新頑張ってますよね(笑)
世界戦ネタはまだまだあるので、なるべく更新して出し尽せるよう頑張ります。

それにしても今回の世界戦観戦はいろいろ楽しかったですね~。
Resize9751
運営スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。


せっかくなんで、今回は久々にDVDも作ろうかと思ってます。ま、スグには出せないと思いますが、メドが着いたら報告しますね。では。

|

« 帰ってきました。 | トップページ | ラジ天名古屋で⑫ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111609/16479685

この記事へのトラックバック一覧です: 2007IFMAR EPオフロード世界選手権4WDクラス決勝:

« 帰ってきました。 | トップページ | ラジ天名古屋で⑫ »