« DURAL-N 訪問記③ チューンドサイレンサー Type-S | トップページ | DURAL-N 訪問記⑤ 試作品 »

2009年5月31日 (日)

DURAL-N 訪問記④ マニホールド (12) 

A7075削り出しマニホールド。
Resize23717
ココに来る前に一番気になっていたのがマニホールドです。

どうやって削り出すのか興味がありましたが、中央で分割された2ピース構造になってました。さすがに一体式は無理ですね。
Resize23745

結合部はネジが切ってあるので、耐熱エポキシ塗って締めこみます。ネジ部もCAD図面通りに削り出されるので指定の角度でキッチリ締まります。結合部は磨くとほとんどわからないですね~

Resize23730
パイプ内部も削り出しなので内径も一定、パイプ肉厚も一定です。理想的です。
通常の曲げ加工では無理ですよね~。

加工途中のマニホールド達。
Resize23873
Resize23877
パイプ形状の物をムクから削り出し。贅沢品です(笑)
7075なんでこれまた頑丈、スプリング穴の磨耗も少ないそうなんで長持ちしそうです。

サイレンサーと両方併せるとなかなか高額ですが、寿命と対クラッシュ性を考えるとそんなに高い買い物じゃないのかも。マフラー凹むと人間も凹むからな~

|

« DURAL-N 訪問記③ チューンドサイレンサー Type-S | トップページ | DURAL-N 訪問記⑤ 試作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111609/45198029

この記事へのトラックバック一覧です: DURAL-N 訪問記④ マニホールド (12) :

« DURAL-N 訪問記③ チューンドサイレンサー Type-S | トップページ | DURAL-N 訪問記⑤ 試作品 »