« JMRCA全日本スポーツクラス観戦 | トップページ | JMRCA全日本スポーツクラス② TOPレーシング・フォトン »

2009年11月17日 (火)

JMRCA全日本スポーツクラスAメイン決勝

今年のスポーツクラスファイナリスト紹介です。

TQは予選6ラウンド全てトップタイムの荻野選手。マシンはHBサイクロン。
2番手は中京の沓名選手。マシンはTOPのフォトン!
読みはクツナ選手ですが、JMRCAお約束でクワナ選手と紹介されてましたw
3番手も中京の藺牟田選手。マシンはテックMY07。
読みはイムタ選手です。中京勢の読みは難しかったですね。シラキ選手もシロキ選手って呼ばれてました。ちなみに鉄人はヤブノ選手です。エントリー用紙にフリガナも書いたほうがいいと思います(笑)


決勝Aメインラウンド1

TQの荻野選手がまさかの右Fタイア接着忘れでズルズル後退。これで楽になった沓名選手が余裕の逃げ切り。2位に藺牟田選手、3位に牧田選手が入りました。
注目の土岐選手が絶妙なスタートでジャンプアップしてます。1周目は凄いですね~

決勝Aメインラウンド2

逃げる荻野選手を沓名選手が追い込みますが2台が接触。沓名選手は遅れた荻野選手を待ってリスタート。これで藺牟田選手がトップに浮上。ペースが速い沓名選手が追い上げますがまたも接触。この隙になんと8番スタートの土岐選手がトップに立ちます。荻野選手がプレッシャーを掛けますが、土岐選手が守りきってトップゴール。
優勝争いは荻野選手、沓名選手、藺牟田選手、土岐選手の4人に。面白くなってきました。

決勝Aメインラウンド3

2番手沓名選手がスタート失敗。序盤は荻野選手、藺牟田選手、沓名選手のオーダー。土岐選手は5番手に上がるも牧田選手に追突。牧田選手は今大会やられ損が多くて気の毒でした。逃げる荻野選手の後方では、またも藺牟田選手VS沓名選手の中京バトルになりますがやっぱり接触。この混乱で土岐選手が2番手に浮上!
レースはそのまま荻野選手がトップゴール。土岐選手が2位に入って2人が同ポイントで並びましたが・・・決勝のゴールタイムで上回った荻野選手がチャンピオンに。

結果はJMRCAに出てます。

レース後にリザルトを見るヨコモ広坂正美監督

サードポイント計算ならヨコモBD5の土岐選手の優勝だったんですよね。

表彰式です。

|

« JMRCA全日本スポーツクラス観戦 | トップページ | JMRCA全日本スポーツクラス② TOPレーシング・フォトン »

コメント

素晴らしいレポート。ご苦労様です♪
名前の読み方が判らなくてイライラしてましたが助かりました(笑)

投稿: tom-k | 2009年11月21日 (土) 10時37分

JMもリザルトにフリガナふって欲しいですね(笑)

投稿: Suda | 2009年11月21日 (土) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111609/46791381

この記事へのトラックバック一覧です: JMRCA全日本スポーツクラスAメイン決勝:

« JMRCA全日本スポーツクラス観戦 | トップページ | JMRCA全日本スポーツクラス② TOPレーシング・フォトン »